インテリアにもなるテレビボード【工夫次第でオシャレに見える】

好みや体格に合わせて選ぶ

マットレス

羊毛をおすすめします

日本で生まれたフランスベッドには、マットレスの種類がたくさんあります。日本での睡眠を快適にできるように作られているので、どれを選んでも吸湿性も発散性も高くなっています。フランスベッドのマットレスは堅めのイメージがありましたが、今ではグレードが4つあるのに対して、硬さも3種類から選ぶことができます。フランスベッドのマットレスの硬さはハード、ミディアム、ソフトに分かれます。基本的に自分の好みで硬さを選んでもよく、展示場や家具店にいくとサンプルが置いてあることが多いので、実際に寝てみて好みの硬さを選んでください。基本的に体格が大きい人はハードタイプを、女性や小柄な人はソフトタイプを選ぶとよいとされています。よりフィット感を求める人には、低反発ウレタンフォームを使ったマットレスをフランスベッドでは販売しています。フランスベッドのマットレスで定められているグレードは4つありますが、基本的に使っている素材でグレードが分かれています。最も販売数が多いエクセレントグレードとスペシャルグレードでは、クッション材に羊毛を使っています。羊毛は昔から高級寝具に使われている素材ですが、ただ冬場が温かいだけでなく、吸水性と発散性に優れているため、高温多湿な日本でもマットレスの中に湿気がこもりにくく、カビが繁殖しにくい性質を持っています。多く汗をかく人や子供には羊毛を使ったマットレスを選ぶことをおすすめします。

Copyright© 2018 インテリアにもなるテレビボード【工夫次第でオシャレに見える】 All Rights Reserved.